温州(うんしゅう)みかん

一般的に「みかん」と呼ばれているものの正式名称が「温州(うんしゅう)みかん」です。

中国から伝わった柑橘の中から突然変異して発生したとされ、中国のみかんの名産地:温州にちなんで命名されましたが、原産は温州ではなく日本の鹿児島県原産と推定されています。一般的なみかんですが、出生はミステリアスですね。

温州みかんの中にも色々な品種や系統があり、味の違いを食べ比べるのも楽しいです。

 

極早生(ごくわせ)みかん

gokuwaseみかんシーズンの開幕を告げる極早生(ごくわせ)みかん。果皮の色は緑〜黄色で、酸味がやや強めなのが特徴です。甘酸っぱい味と香りが残暑の乾きを潤します。出荷時期は10月頃。

※和歌山県海南市の直売所のみの販売になります。

 

 

旬の味

 

 

早生(わせ)みかん

wase

本格的なみかんシーズンの到来を告げる温州みかん。果皮は爽やかなオレンジ色です。果肉は袋(じょうのう膜)が薄く、とってもジューシー!!フレッシュな酸味と甘味のバランスが最高!これぞ正しくみかんの中のみかん!!是非、ご賞味下さい。出荷時期は11月〜12月頭頃。

※和歌山県海南市の直売所のみの販売になります。

 

 

中生(なかて)みかん

nakateみかんシーズン中盤に登場するのが中生みかん。果皮は濃いオレンジ色です。酸味が控えめで甘みが強く、マイルドな味です。袋(じょうのう膜)は早生みかんに比べて少しだけ厚くなりますが、日持ちは良いです。出荷時期は11月末〜12月末頃。

 

 

 

晩生(おくて)みかん

okute別名、蔵出しみかん・貯蔵みかんとも呼ばれる晩生みかん。基本的に収穫してから1ヶ月程貯蔵し、甘みを強めて出荷します。袋(じょうのう膜)はやや厚めですが、マイルドな酸味とコクのある甘みが楽しめます。出荷時期は1月〜3月頃。